腎臓病は自覚しにくい病気|病気にならないための予防法を知ろう

doctor

捻挫をした時には

患者

捻挫してしまったときには早めに整形外科にレントゲンを依頼しましょう。骨折の疑いもあるため、骨に異常があるかどうかを確認するのです。神戸の整形外科は機器が揃っているので安心して通院することができるでしょう。

詳細へ

定期的な検査が必要です

女性

自覚症状の乏しい病気です

腎臓病は自覚症状が乏しく、気が付いた時には腎機能が20%程度に低下している場合があります。腎不全に至ると尿毒症を発症し、透析や腎移植が必要になります。日頃から健康診断を定期的に受け、腎臓の症状を確認しましょう。腎臓病の特徴に、たんぱく尿や血尿があります。本来、たんぱくは腎臓の糸球体にろ過されるため、尿にたんぱくが残ることはありません。糸球体だけでなく、尿管や膀胱に不具合が起きると、赤血球が尿に溢れる事もあります。たんぱく尿や血尿は腎機能が低下しているシグナルとなります。また、腎機能が低下すると体内にある余分な水分を排泄することができなくなり、むくみが生じます。むくみは水分だけでなく塩分も体内に溜めこんでしまうため、高血圧になる場合もあります。

併発する病気があります

腎臓病が起こると、高血圧だけでなく心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるといわれています。また、日頃の生活習慣から暴飲暴食が続くと糖尿病に掛かり、腎臓病を併発させることがあります。予防として健康診断だけでなく、毎日の食生活の管理や負担の少ない生活環境を整える必要があります。腎不全にも急性と慢性の場合があり、回復の仕方に差があります。急激に血管が詰まり、尿が外へ排泄できなくなる急性腎不全は、治療によっては機能を回復させることができます。慢性の場合、糖尿病や高血圧から徐々に機能が低下していくため、早期の回復は難しく、ホルモンの分泌を調節する薬物療法や、透析により老廃物や毒素を排泄して、できるだけ病気の進行を食い止める治療法を行います。

心と医療の満足を得よう

男性

世田谷区では在宅医療電話相談などを行っており、そうしたサービスを利用して医療施設のサポートを受けることで、自宅に居ながらにしてプロの看護を受けることができます。また、もしもの時の24時間緊急時対応や、高齢者には介護士などとチームを組んで対応してくれるなど、きめ細やかな医療を受けることができます。

詳細へ

がんの一種

医者

骨肉腫はがんの一種です。骨の組織に悪性腫瘍ができる病気です。放置すると腫瘍が成長するだけでなく他の臓器に転移することもあります。転移すると命の危険性にも関わる病気です。治療は化学療法を用いることが多いのですが、完治するまで時間がかかります。

詳細へ